森井絃斗(板野高)の球種や球速は?高校時代の成績や実力も紹介!

どうも管理人のたいがだ。

 

この記事は、ドラフトで注目されている選手を紹介していこうと思う。

 

その選手と言うのは、板野高校の森井絃斗投手について記事を書いていこうと思う。

 

管理人は結構、高校野球が好きで見ていたが森井投手についてはこの記事を書くについて初めて聞いた名であったので改めて知ることが出来て良かったと思う。

 

ブログを書くことによって色んな選手を知ることが出来るので、この記事を見て知ってくれたらとても嬉しく思う。

スポンサードリンク

森井絃斗のプロフィールは?

 

名前    森井 絃斗(もりい げんと)

生年月日  1999年4月25日

出身地   徳島県徳島市

体重    88kg

身長    184cm

血液型   不明

ポジション 投手

投打    右投げ右打ち

 

野球を本格的に始めたのは、小学校2年生の時になる。

地元の加茂名中学校へ進学するも、中学校の部活には所属せずシニアチームへ所属することになる。

 

やはり個人的な感想にはなるが、中学時代にシニアに所属している人物の方が多くのプロ野球選手を輩出している気がする

中学校の部活では、軟式ボールを使うことが鉄則となっているがシニアではプロでも使う硬式ボールを使用することが出来る。

成長期の中学生時代に硬式ボールに触れることがいい経験になっているのではないかと思う。

勿論、中学校の軟式を使っていたからと言ってプロになれる可能性が低いと言っている訳ではない

スポンサードリンク



 

 高校時代の成績や実力も紹介!

何と板野高校では1年の春からベンチ入りを果たす。

 

しかも、夏の県大会予選では先発として登板して4回を投げて2失点とピリッとしない高校デビューとなった。

 

1年秋の予選1回戦でも登板し、8回を投げて10奪三振を達成。8四死球6失点と言うまずまずの成績を残してチームを勝利に導いた。

 

チームとしての最高成績は、県大会2回戦が最高成績となっている。

 

これまでの成績を見るとそこまで注目される様な選手ではないな。

 

最低でも県大会ベスト4位にはならないと厳しいと思うのが本音だな。

 

それは本人も重々承知だと思うが、このままでは到底ドラフト上位にはいくとは思えない。

 

2017年の夏の徳島県予選では、5試合を戦い惜しくも決勝戦で敗退している。

 

しかも、全試合先発登板しており絶対に勝ちたいと言う信念が見えてくる。

 

後、一勝の所で夢の甲子園となったはずであったが惜しくも出場することは出来なかった。

 

高校時代は一度も甲子園に出場することなく終えている。

 

高校卒業後は、セガサミーに入社して2018年から社会人野球をしている。

 

2017年ドラフト候補に挙がっていたが、高校卒業後にプロになることは叶わなかった。

 

と言うのも本人の意思で社会人を経験してからプロに入りたいと言う意思があったそうだ。

 

やはり、徳島県予選での敗退が尾を引いているのだろうか。

 

しかし、まだプロになる夢を諦めた訳ではないだろう

 

社会人野球で経験を積んで、成長した姿をプロ野球界に見せることが出来れば、近い将来プロ野球のマウンドで投げている可能性はあると思う。

 

スポンサードリンク



 球種や球速は?

球速は素晴らしいものを持っており、最速150キロを記録している。

高校時代に150キロを出せるのは本当に素晴らしい実力を持っていると思う

このスピードを投げ続けるスタミナがどれだけあるのかが不安になるが。

 

球種は、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、ツーシームと言う多様な球種を持ち合わせているのも評価が高い。

 

どうしてこれだけの速球と球種をもっていながら最高成績が県大会2回戦なのかが分からないがチームの打線が援護できていないのかは分からない。

 

投手がこれだけ素晴らしいものを持っているだけに、チームが勝ち上がってこないことはチーム全体のレベル向上をするしかない。

 

最後に

今回の記事は、森井絃斗投手について記事を書いてみた。

 

球速や球種は本当に素晴らしいものを持っているだけに、チームが勝てないことが悔やまれるな。

 

それは、第三者の俺から見てもそう思うのでチームとしても相当思うところがあると思う。

 

高校3年の最後の夏は本当に惜しかったよな。

 

後、一勝の所で甲子園に行けた訳だからな。

 

仮に甲子園に出場していて、大きな成績を残していたらプロの世界にも入っていた可能性はあるだろう。

 

あくまで妄想になってしまうが、プロになれる素質を持っている投手だと俺は思う。

 

投手は特に肘に負担の掛かるポジションなので怪我にも気を付けて欲しい。

 

肘を負傷して投手をやれなくなった選手は多くいる。

 

大好きな野球を続ける為にも体は一番大事にして欲しい!

 

もし、仮にプロ野球選手になった際は追記していこうと思っているので期待して待っててくれ!

 

では、またこのブログで会おうな!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください